これからは「苦しくない」内視鏡。

胃ガンのほとんどは、内視鏡検査によって早期発見につなげる事が出来ます。 しかし、口から入れる内視鏡検査はアノ「おえっ」とくる嘔吐感や、苦しいとの理由から 必要とわかっていても敬遠されがち。 秀壮会クリニックでは、多くの患者さまに内視鏡検査を受けていただくために 径鼻内視鏡検査を導入しました。 これからは『苦しくない』内視鏡検査で患者さまの健康を守ります。

径鼻内視鏡の特徴

内視鏡本体が細いので体への負担が少ない

径鼻内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さ。従来の内視鏡と比べて、大幅な細径化の実現で患者さまのお体への苦痛が軽減されました。

内視鏡本体が細いので体への負担が少ない

口からいれないので嘔吐感がない

径鼻内視鏡は口から入れる内視鏡とは違い、内視鏡が舌のつけ根を通らないので、「おえっ」とくる嘔吐感をほとんど感じずに検査を受けることができます。

口からいれないので嘔吐感がない

鼻から入れるので検査中の会話が可能

径鼻内視鏡は検査中の会話も可能。検査中に質問があるときも、その場で自由にお話しいただけます。

鼻から入れるので検査中の会話が可能

それでも不安な方は鎮静剤の使用も可能

どうしても不安な方には、鎮静剤を使用して寝ている間に検査をすませることができます。寝ている間の検査は酸素を吸入しながらおこない、体の変化は心電図モニタやO2モニタで監視しますので安全です。

それでも不安な方は鎮静剤の使用も可能

▲このページのTOPに戻る